学生手帳でもOK、今すぐ手帳を学ぼう

大学生のあなたへ
手帳を使っていますか。Googleカレンダーで予定は管理しても、併用して手帳を使うことをおすすめします。
私の大学生時代は、Googleカレンダーはありませんでした。システム手帳を使用していました。

手帳の必要性は2つあります。

それは、

タイムマネージメントと他人との約束を守ること

です。メモを取ることは、ノートでも構いません。
様々な予定のスケジュール管理は、Googleカレンダーか、手帳で行います。
手帳に、ここぞと書くことは、他人との約束と、その締切日です。
そして手帳の上級者になると、

自分との約束が追加されます。

手帳に夢は、書くべきか?

夢についてもメモと同様にノートに買いても良いのですが、
いつまでに何をするのか、どうなりたいのか、が重要であり、

期日がない夢は、夢物語になってしまいます。

だからこそ、手帳に夢を書くのです。

仕事をすると、目標があり、達成の為の計画を作成します。それには、必ず、期日と数値が必要です。
3日間で、15件訪問するとか、
3ヶ月で、売上120%にするとか、
クレーム率を90%にするとか。
目標を達成するために、戦略やマーケティング手法があります。

個人の目標を会社に問われた時に、ゴールと達成する為の施策だけを言うとあなたの能力を疑われてしまいます。

例えば、
前期の目標は、顧客満足度を上げます。その為には○○○○をします。
ではなく、
顧客満足度20ポイント上げる、その為には○○○○をし、検証は○○をKPI(数値)とし、1ヶ月の集計で管理していきます。

開発者や研究者であれば、進捗を管理できる、定量的なものを一つ設定することです。

一冊の手帳で夢はかなう

GMOインターネットの代表、熊谷正寿(くまがい まさとし)氏のベストセラーのタイトルです。
この書籍は、手帳術だけではなく、長い人生を考えると、早目に考えておきたいことが書いてあります。

半年や1年で満足した手帳にならないかも知れません。
書籍の中で説明されている、未来年表(人生という旅の計画書)の完成度は始めは20%でも良いと私は思います。
続かなかった、興味が持てなかったのであれば、ぜひ、社会人になって、再チャレンジしてください。1年目でも、3年目でも。書籍を読み直すと、新たな発見があると思います。

私は、この書籍を知ったのが、社会人5年目の時です。
もっと早く出会いたかったです。