実店舗に必要なのは、エリアマーケティング

エリアマーケティングとは、店舗周辺の限られた地域で行うマーケティングで、地域の特性(住人、環境等)を考慮し、売れる仕組みを考えていきます。

セブンイレブンは24時間営業していますが、地域によって、取扱い商品が異なります。
利用する人のライフスタイルや趣向によって、必要な商品や人気の商品が異なることは容易に想像出来るでしょう。

実店舗で、エリアマーケテイングが必要な理由

実店舗でのマーケティングを考えた際に、実店舗は容易に移転は出来ませんので、エリアをベースにして、広告宣伝活動をすることはとても有意義になります。
既存客の7割が店舗から3km以内から来ている、また、いくつかのエリアから来ている等、特定できれば、それらの地域に新聞折込広告(チラシ)や、ポスティング等をすれば告知や集客は可能です。

もちろん、実店舗に、地域を限定しない、WEB等のチャネルがあれば、それらと合わせ、マーケティング戦略をして行くことは良いと思います。
その場合は、既存客はどのチャネルで買っているのか、そして、それぞれの売上の比率で考え、広告宣伝予算の配分を決めることになります。