中小メーカーで、マーケティングの進め方

縁あって、菓子メーカーのWEBマーケティングを支援しています。

年々変わる商品、例えば、洋服、おもちゃ等では、商品企画が大事ですが、
中小企業のメーカーで、特に自社工場のみを持つ会社は、マネージメントの関心が製造であり、品質管理と安定した生産を出来ることを優先しているように私は感じます。
メーカーでは製品を作らないと話が始まりません。その製品を市場に投入出来て、商品になります。いい商品企画があっても、品薄ではユーザーを失念させてしまいます。

物を作る責任者=工場長
販売の責任者=営業部長
マーケティングの責任者=?
という会社は、広告代理店に依頼する場合が適切です。

それでも、自社でマーケティングを進めいのだけど、

中小企業では、大企業に比べ人材が不足します。
マーケティング専任者を採用することは難しく、商品企画や広報と兼務の場合もあるでしょう。
マーケティングとはセグメンテーションをすることがスタートですから経営陣が兼ねている場合もあるでしょう。
営業部長が、マーケティング知識を持って、営業戦略を決め、指揮している場合もあります。

兼務をすると、時間が足りない状態になります。

そこで、外部のスタッフをチームに入れてマーケティングを強化していくことが良いと思います。
私は主にWEBマーケティングで顧客を支援し、今回のケースでは、担当者の商品企画=会社で一番求めていること、に専念する時間を作りました。

時間が有限だからこそ、一番必要なこと、本業から行います。
そこは、クライアントも私もゆずれない、笑